ホーム 主筆 その他ソフト その他情報 Syuhitu.org English

Windows用ソフト

Jsvz

かなえ

くるみ

もとみ

MSDNライセンスキービューア

SkipSpace - スパースファイル変換ツール -

猜疑心に満ちた目でファイルを見守るツール

みゆき - 固定的FTPアップローダー

Relentless

Solaris用ソフト

ど貧民

HHttp

くず箱

JavaApplet

ソリティア

迷路

MSDNライセンスキービューア

2011年7月18日公開

MSDNライセンスキービューアは、MSDNでダウンロードできるソフトウェアのライセンスキーをエクスポートした、XMLファイルを参照するためのソフトウェアです。

MSDNライセンスキーの取得

MSDNを買うと、Microsoft製品のいろいろなソフトがダウンロードできるようになって、なおかつ、それらを使うためのライセンスキーも取得できるようになる。

しかしながら、取得したライセンスキーはMSDNのWebページで表示されるだけで、なおかつ、そのWebページはMSDNの契約期間が過ぎると見られなくなるようだ。ということは、取得したライセンスキーは、期限内にローカルのコンピュータにダウンロードしておかなければならないと言うことになる。

ならば、何らかの形式でお手軽にライセンスキーをまとめてダウンロードできないものかと探してみると、一応そういう機能が提供されてはいる。

まず、MSDNサブスクリプションのサブスクライバ ダウンロードのページで、「プロダクトキー」というリンクを選択する。

すると、取得したプロダクトキーの一覧が表示されるページに移動する。そのページの右上に、「プロダクトキー一覧をXMLファイルにエクスポートする」というリンクがあるので、それを選択する。

そうすると、下記のような内容のXMLファイルがダウンロードできる。

こうしてみている限りは、プロダクト名とライセンスキーの対応が記述されているようには見えるのだが、しかし、これを一体どう使えというのか。この形式のままでは全くどうしようもない。

だから、これで落としてきたXMLファイルの内容を表示するビューアを作ってみた。

使い方

まず、起動すると下記のような画面が表示されます。

メニューの「ファイル」−「開く」を選択します。

「開く」ダイアログで、MSDNサブスクライバのWebページからダウンロードしてきたXMLファイルを指定します。

すると、ウインドウの左側にプロダクト名が、右側に取得したライセンスキーが表示されます。

CSVエクスポート

ビューアで見るだけでも仕方がないので、CSVにエクスポートする機能も用意しています。

メニューの「ファイル」−「エクスポート」を選択します。

「名前をつけて保存」ダイアログで、出力先のファイル名を指定します。なおこの時、「ファイルの種類」で"CSVファイル(*.csv)"を選択するようにしてください。

初期状態では「XMLファイル」が選択されていますが、これでは入力したファイルと同じXMLファイルが出力されるのみとなります。

上記の画面で「保存」ボタンを押下すると、CSVファイルが出力されます。出力されたCSVファイルは、一般的な表計算ソフトで開くことができます。

ダウンロード

動作環境

Windows XP SP3以降の環境で動作します。

CPUの性能やメモリ搭載量などについては、基本的にOSが動作するのに必要となる最小限度の性能があれば、事足りるかと思われます。

なお、このソフトウェアはVisual Sudio 2010のランタイムライブラリを使用しますので、もしインストールされていない場合はMicrosoftのWebページからダウンロードしてください

 


連絡先 - サイトマップ - 更新履歴
Copyright (C)  2000 - 2016 nabiki_t All Rights Reserved.